資金繰り経営の重要性

最近では一時のITブームのように、起業をする若い経営者が増えています。

しかし、そこで注意をしなければならないのが資金繰りです。

一般家庭であれば、家計簿のようなものですが、会社を経営するうえでこの家計簿は非常に重要な意味を持ちます。

資金繰りに必要なものは評判がとっても良くて有名です。

通常企業は銀行などから借入をして、事業を大きく発展させていきます。

そのため、毎月かならず銀行への返済があります。



資金繰りを無視した経営をしていると、売上が計上され利益が出ているにもかかわらず、いつのまにか資金ショートし倒産してしまいます。
そのため、キャッシュフローに注目し資金効率を高めることは会社の存続と企業の事業拡大には必要不可欠なものとなります。実際には、経営者は以下2点に注意する必要があります。まず、買掛金と売掛金の期間です。

通常企業はものを売ってから、売上代金を回収するまである一定の期間があります。

Hatena Keywordに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

しかし、それを仕入れ先は待ってくれません。

そのため、ある程度の資金を用意しておかないと仕入れ先へ支払い資金がなくなってしまいます。

2点目は、銀行借入の返済スケジュールです。

複数の銀行から何本もの借入をしていると、返済日を含めより複雑な返済スケジュールとなってしまします。

また、事業から生み出されるキャッシュフロー以上の返済を求められる場合、近いうちに返済原始がなくなり資金ショートしてしまいます。

そのため経営者は銀行と相談しながら、事業規模に合った返済スケジュールを作り資金繰り不安を解消させなければなりません。