資金繰りが苦しいとき

最近では中小企業を中心として、資金繰りに大きな問題を抱える企業が数多くあります。

売上や利益にばかり注目していると、明日の返済資金が足りない、といった資金不足が発生してしまいます。

また、黒字経営をしているから問題ないと思っている経営者も、実際には会社の資金が底をついてしまっているといった事例も多くあります。

全てはキャッシュフローに注目せず、収支バランスが悪化していることが原因です。
では、実際に資金繰りが苦しくなってしまった場合どのように対応すればいいのでしょうか。
一番簡単な方法は、全てを精算する破産を選択するという手段です。しかし、あまり現実的な方法ではありません。そこで、なぜ資金繰りがシュートしてしまったのかその原因を探る必要があります。
ひとつに銀行からの借り入れが多く返済が事業上のキャッシュフロー以上である場合があります。



この場合は、銀行に相談し返済スケジュールの見直ししなければなりません。

もうひとつは、買掛金と売掛金に注目して動産をうまく活用して資金効率を高める方法です。一般的に倒産するケースとしては、資金回収までの期間が長く、仕入れ先への支払いが早いという場合です。

教えて!gooの情報を求める人におすすめのサイトです。

そのため、資金繰り表を作成して両者のサイトを確認することで、どのように改善することができるか分析することができます。

よく利用されている資金繰り 流れにアクセスしてください。

最近では銀行員も企業の資金繰りに注目しているため、経営者よりも早く問題点に気がつきアドバイスをしてくれることもあります。